無料ブログはココログ

instagram


  • Instagram

Sponsored Links


« 初めての革靴② | トップページ | レザーグローブの誘い »

2015年11月26日 (木)

山神シャツ購入レポート

遂にです!
1ヶ月程前に行ってきました、山神シャツのレポートをします。
まず、山神シャツとはなんぞやとお思いの方もいらっしゃるかもしれないので、紹介してみます。
Image
(画像はストラスブルゴからお借りしてきました)
この写真の方が山神さんで、STRASBURGOというセレクトショップの専属シャツ職人です。
ストラスブルゴは日本各地に店を構えており、年に何回かオーダー会が開かれています。表参道の本店では予約すれば一年中オーダーできる環境があります。
美しく機能的なシャツを作るため、スーツの作りから学んだという熱意の持ち主で、ドレスシャツの本場イタリアでの評価が非常に高い方です。
そんな山神シャツをオーダーした様子をご紹介致します!
-----
Image_2

まずは、このような生地の山の中から自分の好みのものを選ぶところから始まります。
今回は一番初めということで、値段などは考慮せずにシーアイランドコットン一本で行くと決めていたので、即決でした。
http://www.kaitoumen.co.jp/cont-jp-02-04.html
シーアイランドコットンについては上記のサイトをご覧下さい。
簡単に言うと中身がぎっしり詰まっていて、肌触り耐久性ともに素晴らしく、お偉いさんも大好きな生地です笑。
-----
生地を選んだら次は採寸をします。
Image_3

この写真は肩の傾斜を測っているところ。
合計して20箇所くらい測ったと思います。
こうしてオーダーした際に採寸してもらうことの利点の一つに、自分の体型の特徴が分かるということがあります。肩の傾斜を測ると、左肩が右肩よりも1cmほど沈んでいると言われ、鏡を見てみると「確かに!」と思いました。
このせいで僕はシャツの左袖だけ丈が長くなっていたということが分かって良かったです。
-----
採寸が終わると、シャツの完成のイメージなどを伝えます。
Image_4

僕は、襟にこだわりがあるので、少し固めで第一ボタンを留めなくても立体感が十分に保たれ、ネクタイを締めたときは直線的にピシッと決まるようにとお願いしてきました。
他には、腕の部分のボタンは付けるかどうかなど(袖ではなく腕のところにボタンが一つあると思いますが、このボタンは昔貴族がフワフワの袖のシャツを着ていたため、手を洗うときなどに袖が濡れないように腕側で留めるためにつけられたものだそうです)。つまり、このボタンはなくて良いとのこと。山神シャツの特徴として無駄はどんどん省くというものがあるので、僕はそれに従ってボタンは無しにしました。
-----
この後は雑談です笑
てっきり福岡出身だと思っていましたが、香川県の方らしいです。
そして福岡より東京にいる時間の方が長いらしいです。
そして、思っていたよりもかなり背が高かったです。
抱いてイメージと全然違いました笑
山神シャツ、出来上がりが非常に楽しみです。1月に仮縫いがあるということなので次はそのときにレポートをしたいと思います。
最後に、大好きなエドワードグリーンの前でパシャり。

Image_5
小人みたいに見えますが、山神さんが大きいだけです!笑

仮縫い編と完成編はこちら
山神シャツの仮縫いに行ってきました!
山神シャツ購入レポート・遂に完成!

https://instagram.com/yamakovv/

« 初めての革靴② | トップページ | レザーグローブの誘い »

シャツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2193968/62689528

この記事へのトラックバック一覧です: 山神シャツ購入レポート:

« 初めての革靴② | トップページ | レザーグローブの誘い »